まずはガーデニングの基礎知識をつけよう

ただ植物を植えるだけだと・・・枯れたり根腐れ起こしたりするよね。
あとは見た目の問題も出てくるし、剪定方法なんかもいろいろあるよね。
あとは土もかなり重要になります。土はなんでもいいわけないのです。

庭の土が、水はけが非常に悪いものだと通気性が悪く根腐れを起こしやすいです。また支柱を挿してみて軽く挿してみて20センチも入らないような場合は、土が硬すぎて植物の根が伸びていきません。
でもこういった庭の場合には、土を入れ替えてあげると植物が定着しやすくなるよ。
でも5-60センチは土の入れ替えが必要なので結構重労働になりますが・・・・。
かといって水はけがよすぎる土も良くありません。肥料を費やしても流れてしまったり乾燥しやすいので根が枯れてしまいます。

庭に生えている花

日本の草花の多くは、弱アルカリ性の土地で生産されていますが、日本の土壌は酸性が多いので、石灰などを混ぜて弱アルカリ性にしておくといいでしょう。

たとえば現在庭に生えている植物で今の土壌が、酸性なのかアルカリ性なのかを見ることもできます。
オオバコは酸性の土に、ハコベであればアルカリ性の土に生えますので庭に生えている植物をみるのもいいですね。うちはオオバコなのでやはり酸性の様です。

自分で堆肥が作れるって知っていましたか?
落ち葉が入手できる人は、落ち葉を利用して堆肥を作れます。庭掃除のつもりで落ち葉をかき集めて、コンポスターに入れましょう。もしもコンポスターが無いようでしたら、支柱や大き目のしっかりしたビニールでも作れるのでやってみてください。

植物が育つには16の要素が必要だけど、その中でも9つの要素が重要になります。
炭素、酸素、水素、窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、イオウです。水と空気があれば最初の3つ(炭素、酸素、水素)は光合成によって作り出せますが・・・他は残念ながら土に含まれる成分を吸収するため肥料や土の成分で補うしかないのです。肥料の三要素は「窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)」です。多くの肥料がこの三要素で成り立っています。市販品に「N-P-K=10:5:5」ってあるのを見たことありますか?これは3要素の横に書いた記号で配合がわかる仕組みです。参考にしてね。

害虫対策もしないと・・・いけないですね。あー植物を育てるって大変だ!
かと言って、薬剤を使うのは抵抗あるしな。そんな時は「コンパニオンプランツ」を利用するのもいいですよ。
強いにおいを出す植物で、害虫を寄せ付けないように植物自体が頑張ってくれますよ。だたすべての害虫に該当するわけじゃないですけど・・・・。

オシャレに庭を飾り付けよう!

やはりガーデニングのだいご味は素敵な庭にすること。
こんな感じにレンガを使ったりして花壇を作ったり・・・・

花壇

もしくはプランターをたくさん使ってオシャレにするのもいいよね。

プランター

結局はいろんなグッズもそろえていくとよりよいガーデニングができるのです。
庭がある人は地植えでもプランターでもいいと思うけど・・・マンションに住んでいたり庭が狭い方はプランターがいいかな?

今では100円ショップで色々鉢やプランター、ハンギングも売ってるので手軽に始められます。
私も最初は100円ショップから始めました。結構種類が豊富ですよ。
ホームセンターがあればもっとよりより商品を探すことができると思います。

どちらを選択しても楽しいですよ。
私は以前マンションにいた時に、ハンギングとかもしていました。

ちょっと日当たりが悪い部屋だったので、成長が遅かったけど楽しくできました。
あとはイチゴを育てたりもしたよ(#^.^#)

庭があると庭石なんかも使って素敵な空間を作り出せるよね。
何はともあれその行動力がものを言うので、勇気をもってガーデニングにチャレンジしてみてくださいね。

バラを育てたい

バラって素敵ですよね。香りもそうだし、いろんな種類や色もあって・・・大輪を咲かす。
そんなバラを庭で育ててミニミニバラ園を作るのが夢なんです。

その前にもっともっとやらねばならないことがたくさんありますが・・・。
先ほどのアジサイをみてもらってわかるかと思うけど・・・かなり殺風景な庭なんですわ。

土の入れ替えたいけど・・・もともとあるアジサイさんなどの移動が大変なんだよね。だからアジサイがいない部分を開拓して徐々に綺麗にしていこうと計画中なんです。
バラのアーチなんかも素敵だよね。
バラ

こんなやつできたら幸せです。まぁ程遠いけどね。
バラって結構デリケートさんなので、自分はもう少し他の植物で勉強してからバラには挑戦しようと考えています。その割には実家のバラはほったらかしだったのに育っていたな・・・・でも後から調べたら病気だったみたいだけどね。

ベントネックっていってバラの首が曲がってしまうのです。やっぱりほったらかしで育てるとそういった事になってしまうので、次に育てる時はしっかり育てたいと思う。
今度はいろんな種類のバラに囲まれたいよ~。

剪定について

あじさいっていろんな色が合って素敵ですよね。
白もあればピンクや紫、そして青などあります。土の成分によって色がかわるとか変わらないとか・・・。実際の所どうなんでしょうか?

うちの庭にはいろんな色が咲くので・・・・近くなのに色が違うのでそのエリアで土が酸性だったりアルカリ性だったりって変わるのかがわからないなぁ。難しいよぉ。

そうそう植物は剪定が必要なんです・・・・ってわかっていたのに我が家のあじさいさんをほったらかしにしてしてしまった私。
実はアジサイは、2回剪定ポイントがあります。1回目は花が終わった7月頃で、花が咲いたすぐ下でカットしますそうすることで負担を減らします。
次に行う剪定は、2-3月で間引きの剪定をします。ここで切ってあげることによって花芽に栄養が集中していい花が咲くようになります。
で今から冬の剪定をしてあげたいと思います。

剪定1 剪定2

最初はこんな感じにほったらかしでしたが・・・・ここまでさっぱり切りました。見づらいかもしれませんが、少し芽が出てきています。またずっとほったらかしだったため、すでに枯れていた木もたくさんあって、そういったものは触るだけですぐに折れてしまうので、それも撮ってあげることによりさっぱりするのであった。

剪定3 剪定4

もう一株あるアジサイです。こちらはやや小さ目の株です。こちらも枯れていた不要な木を取り除き芽が出ているものを中心に残しつつ剪定しました。

これで今年の梅雨に素敵なアジサイを咲かしてくれることを祈っています。

元肥と追肥や水の与え方

栽培を開始する前に肥料を与えることを元肥で、栽培途中で肥料を追加することを追肥といいます。
いつでも肥料を与えればいいというわけじゃいんです!追肥を必要としていない時に肥料をあげると最終的には、肥料やけを起こしてしまう危険があります。

ですので、追肥をする時期をしっかり見極めて行いましょう!

ではそんな時に追肥が必要なんでしょうか?
短期間に大きく成長する種類だったり、葉や枝をたくさんある時期だったり、花を作る時になどにひつようになりますので、成長が止まっている時期などには肥料を与えないでくださいね。

肥料が足りないよ!と訴えているサインがありますので見逃さないで!
出てくる葉の色が極端に薄くなっている。実の色づきかたが悪かったり、花や実が小さい時や、葉が黄ばむことがあったら肥料を欲しがっていますので、与えてあげてください。

水を与えすぎるのもよくないこと知っていましたか?って私はいつもあげすぎで植物を枯らせてしまったりしていました。愛情を与えたつもりが・・・・重荷になったようです(笑)
土が乾いたときにたっぷり与えてくださいね。したがって毎日上げる必要はありません。もし鉢植えにしている場合には、受け皿の水を捨ててくださいね。根腐れの原因になります。

鉢植え

植物を増やそう

色々育てていくとどんどん増やしていきたいと思うよね。
私もそうです。
現在、あじさいとローズマリーを挿し木しています。

植物の種類のよって増やし方は違いますが、私はとりあえず失敗率が低い挿し木に挑戦しました。
あじさいは失敗無く出来な様な気がします。
しかしローズマリーは2本挿しましたが、1本は途中で枯れてしまって今は1本しかありません。
枯れてしまったのは途中で引っ張ったらすぐに抜けてしまいました。

見た目にもだいぶ差があって、今でも元気なものは葉っぱが綺麗になっていますが、枯れた方は次第に茶色くなり葉が落ちました。明らかに差が出たので心配でしたがやはり失敗に終わりました。
根がでてくれば、失敗することもほぼないでしょう。

また6月頃の梅雨時期に植え替えをすると根が張りやすいので、その時期まで挿し木の状態で置いておきます。
挿し木を挿しておく土は、バーミキュライトと赤玉を混ぜたものがいいです。

やわらかい茎の時は穴をあけて挿して土を戻せばさせますよ。
アジサイやローズマリーみたいに茎がシッカリしているものは、切り口を斜めにカットして挿してくださいね。

挿し木したもの

これが私が挿し木したものです。しっかり根付くといいなぁ。